成城こばやし動物病院

成城こばやし動物病院

診療のための無料送迎サービス
メンバーログイン

アクセス

成城こばやし動物病院

小田急線 成城学園前駅
徒歩2分 駐車場 3 台

世田谷区成城2-35-18
電話:03-3417-3018

地図へ

病院までの道順ムービー

おうちではじめるオーラルケア レッツ118プロジェクト

[vol.24]麻酔によるスケーリングをお勧めする理由

2014.10.21

いちばん大切な、歯周ポケット内をきれいにするためです。

スケーリングには全身麻酔がともないます。
生き物を薬で眠らせてしまうのですから、一大事です。
どうなってしまうのかと思われる飼い主様も多いのではないでしょうか。

masui1.jpg私たちが全身麻酔を行なうときは、もちろん事前に検査をして麻酔をかけていい状態なのか、
かけるときにはどのようなことに注意が必要かを必ず確かめます。

そして麻酔中は、心拍はもちろん呼吸・血圧などもしっかりモニターし、無理に寝かせた分を私たち獣医療スタッフがサポートします。





しかしそれらを克服したならば、わんちゃんねこちゃんたちは、
いやな思いをすることなしに(眠っている間に)処置を受けることができるという、
まさに夢のような方法でもあります。

masui3.jpg「・・・なぜそんなに麻酔をすすめるのですか? 無麻酔で歯石を取ってくれるという話を聞いたことがあるのですが。」というご質問も頂きます。

その理由はただひとつ、歯周ポケット内をきれいに掃除するためです。

歯の表面に見える歯石は歯周病の直接の原因ではありません。
それよりも重要なのは、見えていない、歯周ポケット内の歯石であり歯垢なのです。

masui4.jpg歯科処置の経過の写真をご覧ください。
このような作業中、わんちゃんが麻酔なしにじっと我慢してくれるでしょうか。

私の経験からは、絶対無理です。
ですから、全身麻酔した上での処置が必要なのです。

見えるところの歯石だけを定期的に取れば、外から見た様子はきれいに保てます。

しかしその分、歯茎の下で重度の歯周病が進行していることに気が付かない! という落とし穴にはまります。
その点でも無麻酔での処置はお勧めしません。

Date:2017.04.19

フロム院長

動物医療の新しい研究会に参加します。

「先制動物医療研究会」発足の講演会が東京国際フォーラムで開かれました。 人も動物…

動物医療の新しい研究会に参加します。

Date:2017.03.01

フロム院長

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。

ペット情報サイト「PECO(ペコ)」の当院紹介ページです 少し前、取材を受けまし…

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。