成城こばやし動物病院

成城こばやし動物病院

診療のための無料送迎サービス
メンバーログイン

アクセス

成城こばやし動物病院

小田急線 成城学園前駅
徒歩2分 駐車場 3 台

世田谷区成城2-35-18
電話:03-3417-3018

地図へ

病院までの道順ムービー

獣医師レポート

やろうじゃ内科
副院長廣瀬 友亮(ひろせ ともあき)

免疫力を高め、元気に! 活性化Tリンパ球療法

2014.05.01

感染症や高齢化対策など、さまざまな治療に。

体への負担が少ない新しい治療法です。



「活性化Tリンパ球療法」は一般的にがん治療で知られている治療法です。

"がん治療"というと、抗癌剤など強いお薬を使うイメージがありますが、どうぶつが本来持っている免疫力を利用する、体への負担が少ない新発想の治療法です。

がんの治療以外でも、病気や高齢で体力が落ちている子のQOL向上が期待できるため、さまざまな病気への応用が可能と言える治療法なのです。

※QOL=Quality of Life・・・
生活の質と訳され、ヒトでは「人間らしく満足した生活がおくれているか」を計る基準とされます。
当院では「どうぶつたちが、おいしくごはんが食べられているか、心地よく過ごせているか」ということをQOLの基準としています。

血液中のリンパ球を取り出し、増やしてから身体に戻します。

「細胞免疫療法」ともいわれ、どうぶつ自身のリンパ球(免疫細胞の一種)をいったん体の外に取り出して培養・刺激し、もういちど自身の体に戻してあげる、という治療法です。

自身のリンパ球を使うので、副作用が少なく身体にやさしい治療法です。



上記の図の流れは、次のムービーでご紹介しています。ぜひご覧ください。

Date:2017.04.19

フロム院長

動物医療の新しい研究会に参加します。

「先制動物医療研究会」発足の講演会が東京国際フォーラムで開かれました。 人も動物…

動物医療の新しい研究会に参加します。

Date:2017.03.01

フロム院長

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。

ペット情報サイト「PECO(ペコ)」の当院紹介ページです 少し前、取材を受けまし…

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。