成城こばやし動物病院

成城こばやし動物病院

診療のための無料送迎サービス
メンバーログイン

アクセス

成城こばやし動物病院

小田急線 成城学園前駅
徒歩2分 駐車場 3 台

世田谷区成城2-35-18
電話:03-3417-3018

地図へ

病院までの道順ムービー

獣医師レポート

ゲカ劇場
副院長今津 幸久(いまづ ゆきひさ)

避妊・去勢のお話 その3

2013.07.16

ワンちゃんの変化

iStock_000014294634XSmall.jpg

さて、前回の続き、ワンちゃんの発情期の変化についてです。

雌犬の発情期には、神経質になったり、落ち着かなくなったりといった変化がみられます。

一方、雄犬に発情期はありませんが、発情中の雌犬の匂いに誘われて生殖行動が刺激され、こちらも様々な行動の変化がみられます。
やはり落ち着きがなくなったり、ほかの子とケンカをするようになったり。

なーんだ、落ち着きがなくなる程度のことか・・・と思われるかもしれませんが、動物は人間以上に繁殖することに対する本能が強いため、その繁殖行動ができないというのは水面下でかなりストレスになっていると考えられます。
また、発情したメスの匂いは2㎞四方にまで届くと言われているので、四六時中雄犬はストレスにさらされているかもしれません。

避妊・去勢手術はこのような発情期に伴うストレスから解放し、精神的に穏やかな生活を過ごさせてあげる、という一面があるのです。

キーワード
去勢避妊

Date:2017.04.19

フロム院長

動物医療の新しい研究会に参加します。

「先制動物医療研究会」発足の講演会が東京国際フォーラムで開かれました。 人も動物…

動物医療の新しい研究会に参加します。

Date:2017.03.01

フロム院長

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。

ペット情報サイト「PECO(ペコ)」の当院紹介ページです 少し前、取材を受けまし…

動物病院の紹介サイトで私が紹介されました。